「里親カンナ登録制度(報告写真)」

言語を選択 Languages

目指せ2020!
公式カンナ子ども夢プラン里親カンナの里親さんたちからの写真報告です
カンナリレーは「未来を作る子どもたちが同じ球根から株分けしたカンナのバトンをつなぐことで自分たちで平和を作ること」を大きな目的にしています。広島で子どもたちが咲かせた限られた球根をつないで世界中の人たちが同じ球根から株分けされたカンナを咲かせることでお互いに相手のことを思い合う心が、その土地に爆弾を落とせない心を育むと信じてつないでいる活動です。
したがって。この球根は預かりものです。自分のカンナと位置づけるのではなく、ここに参加する里親さんみんなのカンナだとご理解ください。

まずここをご理解いただけると良いのですが、花を咲かせる活動と思われる方も多く残念です。以前から「私も咲かせたい!」と言ってくださる方がいました。そこで、このカンナ・プロジェクトの意味を理解してくださる方々に、今年は「カンナ里親登録制度」を作りました。カンナリレーは「未来を作る子どもたちが同じ球根から株分けしたカンナのバトンをつなぐことで自分たちで平和を作ること」を大きな目的にしています。
この趣旨に賛同してくださる方に、制度のルールを理解していただき参加していただいております。
命あるものゆえ、個体差があります。大きくなるカンナもあれば、小さく咲くカンナもあります。芽が出ないカンナもいます。
伸びてきたのに花が咲かないカンナもいます。私やこの活動をつなぐものたちはそれを受け入れて、さらにバトンをつなぐ仲間として参加していただいております。花が咲かなくとも「心に咲かせることはできた!」そう言ってくださるように祈っています。スローガンは「世界中の人の心に平和と希望の花を咲かせましょう!」なんです。そして、この管理者は一人でしています。いろいろそれぞれにご意見もお有りかと存じますが、自腹の活動ゆえに「最大公約数」で日々寝ないでいたしております。この趣旨と現実を理解することができる皆さんが繋がっていてくださいますので、今までトラブルもなく続けることができております。「花が咲かない」「芽が出ない」と悲しいですよね。私も預かり咲かせて10年。よくわかります。しかし、命あるものの個体差、違いを受け入れることが「恕じょ」です。違いを受け入れることが平和へのはじめの一歩だと思います。カンナの球根のバトンは相手を受け入れる、自分も受け入れる、お互いに想いを馳せ合う。つまり「恕」そのものだと思います。どうぞご理解の上引き続き「カンナ子ども夢プラン」実現に向けて一緒に参画してください。未来に平和を残してやる心意気で咲かせる預かりカンナです。
咲いたカンナの写真をまとめています。預かりカンナですからみんなのカンナです。

2017年の預かりカンナたちを一緒に育ててまいりましょう!
          世界中の人の心に平和と希望の花を咲かせましょう!

↓ Myanmar ↓

2018年2月ミャンマーにバトンしたカンナが、4月9日に咲きました。
第1号です!!!

このカンナ・リレーの球根たちは、
長野県の須坂市の仁礼町の田辺さんとの出あいから生まれた球根たちです。
詳しいは、ブログをご覧ください。
https://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12367191912.html

公式カンナ子ども夢プラン里親カンナ - 120 - ミャンマーTha Zin

Australia

India

 ↓ Hong Kong
公式カンナ子ども夢プラン里親カンナ - 110 - Hong Kong 20180226

 ↓ Japan

【マルティン・ルター宗教改革500年「争いから交わりへ」式典報告HP】
主催者様からご報告のHPのご報告をいただきました。ぜひご覧ください。https://luther500.wixsite.com/commemo

歴史的な式典にシンボルフラワーに抜擢されるという驚きのオファーから、参列のカトリック600人・プロテスタント600人の皆様にカンナ・プロジェクトでリレーをつないでいる球根がバトンされました。その報告は『カンナリレー』のもくじをクリックください。花の写真、植栽の写真がご覧いただけます。
お時間がある方は式典全体をご覧いただけたら幸いですが、カンナ・プロジェクトの橘の出演部分は映像のビデオ1の以下の時間です。
2:19:00 来賓紹介
4:26:54 カンナを掲げての祈りの言葉朗読

 

越冬1号千葉県鴨川オリーブ様、第2号千葉県大原梅さん、
嬉しいお知らせに感謝致します。

 

皆様にお願い申し上げます(_ _).。o○必ずお読み下さい。

【カンナ冬に備えて 】
里親の皆様、カンナの育成ありがとうございます。2017年11月23日.カトリック、プロテスタントの和解のシンボルに、国、政治、宗教を超えて平和のバトンをを繋いでいるカンナ・プロジェクトの真っ赤なカンナの花が抜擢されました。みなさんの育てているカンナの株分けカンナたちが、1200人にバトンされました。お仲間が1200人増えたのです。今までも不思議なご縁でオファーを頂き繋いだカンナは、全国31都道府県を超え世界16カ国180校、人の数にしたら、カンナスマイルが1万人、学校は全校生徒が34人というところから700人というところまで。また、ご依頼を頂いた講演にいらして下さった方々の数すでに数千人。また、新聞、テレビ、ラジオなど公共電波にのり世界にも発信されてきました。もうどれだけの人がカンナがあの日、原爆にも負けないで爆心地に咲いたか知って頂くことができました。今、このカンナはゆるキャラカンナちゃんと子どもたちに委ねるときを迎えています。「東京オリパラにさかせたい。世界から来て下さった選手の皆さんにもバトンしたい。」
こんな子どもたちの夢を私ども大人たちが叶えてやりませんか?参加して下さっている里親の皆さんには、恐縮ですが、カンナ・プロジェクトからのご報告はお読み頂きますようお願い致します。読んだら「いいね!」を押して頂けないでしょうか?「いいね!」が読みましたね。越冬方法わかりました。という合図です。よろしくお願い致します。行く先々には賛同者がたくさんいて下さいますが、何分にも運営はひとりで致していますので、ご連絡する時間はほんとうにないので申し訳ないですが、こちらでお知らせする記事はせめてお読み下さいませ。いいね!のない方には個人的にメッセージで越冬方法お知らせしなくてはなりません。もう12月ですので、早く越冬準備してあげて下さいませ。よろしくお願い致します。

【カンナの越冬】
11月にもお伝えしましたが、タイムリミットです。
カンナも茎を切り、球根だけに栄養をあげるときがきました。
土の上3cmくらいのところで茎を切ってください。雪や霜のない地域ではそのまま越冬させます。掘り起こす必要はありません。雪や霜の多い地方の方は掘り起こしてます。不安な方はお問い合わせください。

FB - 29

 

 

 

 

 

Canna Project Official Homepage:    
https://cannaproject.wordpress.com  
Advertisements